飛散防止フィルムを貼って備える-住宅SOS虎の巻-

住宅の建設過程で防犯を意識する

窓ガラスを守る

地震や台風といった自然災害の時に心配なのは外からの衝撃で窓が割れてしまうことです。飛散防止フィルムを貼っておくことで、もし割れてしまっても破片が飛び散るのを防いでくれます。これによって二次被害は防ぐことが出来るようになります。

Read More

ストーブが人気

金網を使用している設備として注目されているのが、ストーブとなっています。なお、こまめに金網を変えていく必要があるので、定期的に個人でメンテナンスを行っていくことが重要であると言えます。

Read More

事前準備が大切

ベアリングというあまり聞き馴染みが無い言葉ですが、これは機械の重要な部品の1つです。ベアリングが必要な場合は、事前準備が大切です。専門店やディスカウントショップで買うことができます。

Read More

大切な管理や修理

配管を長期的に維持するには管理が大切でしょう時には修理や取替なども必要になり、修理の1つにライニングという工事があります。ライニングは更生工事ともいわれ、配管のトラブルを起きなくする効果があります。

Read More

非常事態の時に

飛散防止フィルムを貼ろう

家具や家財を転倒防止のために固定したり、非常用品を揃えたりすることが、地震や災害時における備えとして重要視されています。消防署でもこのようなことを日頃から心がけておく必要性を訴えています。この他にもいろいろできることはありますが、その中の一つにガラスに飛散防止フィルムを張る、ということがあります。 飛散防止フィルムはガラス製品に張るフィルムで、自分で貼ることができます。家の中と外とを仕切る窓ガラスはもちろん食器棚や室内のガラス戸、飾り棚などに貼ることができます。家の中のさまざまなガラス戸に貼ることにより地震などが起こりガラスが割れる事態になっても、ひび割れるだけで安全に移動することができます。 家具等の転倒防止策のあとは飛散防止フィルムを貼る人が多くいます。

フィルムの選び方について

飛散防止フィルムを貼る際に気をつけなければならない事は、ガラス面をキレイにしてから貼ることが必要です。貼り直すことはできますが、ホコリ等が入ったままだと空気も入ったままですので仕上がりがきれいにはなりません。貼りにくいガラスのタイプや貼ることのできない凸凹のあるガラスもあるので注意が必要です。 また、飛散防止フィルムにはJIS規格がありますので、より安全性を求める場合には参考にするといいでしょう。色や柄があるタイプのフィルムや紫外線カットの効果があるフィルムも販売されていますので、ニーズに合わせて選ぶことができます。 地震対策、というだけではなく部屋の模様替えをするような気持ちで飛散防止フィルムを貼ることもできます。

工事のときの必需品

工事のときには、作業を行なっていくための足場が必要となります。その足場は、レンタルで使用することが出来ます。レンタルすることによって様々な利点があるため、多くの現場で使用されています。

Read More

オススメリンク

  • 建築シートの幕MEDIA

    建築シートに関する情報はこちらから入手することができますよ。依頼することを考えているなら、まずは見積りをとりましょう。
  • ダッシュバッグ

    水を素早く吸収してくれる吸水土のうの情報はこちらにあります。大量の注文にも対応しているので便利ですよ。