飛散防止フィルムを貼って備える-住宅SOS虎の巻-

住宅の建設過程で防犯を意識する

窓ガラスを守る

窓ガラスは飛散防止フィルムにしよう

地震や台風などの災害で、窓ガラスが割れることがあります。割れたガラスは周囲に飛び散り、近くにいる人に当たる可能性があります。またガラスが床に散乱すると、踏んでけがをします。そうならないために考えれられたのが、飛散防止フィルムです。飛散防止フィルムは衝撃でガラスが割れてもフィルムに破片がくっつくので、飛び散る心配がないです。またこの飛散防止フィルムは有害な紫外線をブロックしてくれるので、肌を守ることができます。飛散防止フィルムは簡単に貼ることができるので、自宅の窓ガラスに貼っておくと安心できます。地震や台風などの天災は、いつやって来るかはわからないです。二次被害に合わないためにも、飛散防止フィルムは必要です。

フィルムは家の中を守ってくれます

飛散防止フィルムは、窓ガラスの飛び散りを防ぐだけではないです。その他にも紫外線を防ぐことで、家具などの色あせを防ぎます。そして熱を遮るため、クーラーなどの効率が良くなります。また防犯の役割を果たすものもあるため、外部からの侵入も防ぎます。目隠しの役割があるものであれば、外部から視線を遮ります。飛散防止フィルムはガラスの飛び散りを防ぐだけでなく、家の中を守る役割もあります。防災のためだけでなく、防犯などを考えて貼っておくのも良いです。飛散防止フィルムの施工は専門の職人がきれいに貼ってくれて、10年ぐらいは貼ったままでも大丈夫です。窓ガラスを強化することで、日頃の生活にも安心と安全を取り入れることができます。