飛散防止フィルムを貼って備える-住宅SOS虎の巻-

住宅の建設過程で防犯を意識する

ストーブが人気

少しずつ勢いを取り戻している金網業

金網業は少し前まで発展していましたが、平成20年頃を境に急速な落ち込みをしていきました。落ち込みの原因はリーマンショックにあります。その後もしばらく落ち込みが続いていましたが、最近になって少しずつ回復の兆しをみせています。金網の種類や企業によっても差は大きいですが、確実に良い方向に向かっていますし、今後には期待できるといえます。 また、高度な技術を要する特別な素材を使用した金網については、生産の難しさもあるので企業の数に限りがあります。回復もしてはいますが、スピードについては本当のゆっくりです。今もまだリーマンショック以前の平均値に達していません。昔の水準へ戻そうという動きが今後多くの企業でみられると予測されます。

換気が鍵となるストーブ

金網式のストーブが販売されていますが、これには注意点があります。 まず、ストーブの変化に気を使わなければなりません。金網の部分が変形していたり、ススが付着していると要注意です。また、炎が過剰にあふれたり、臭いが漂ってきたり、異常な過熱などが見られた場合も使用を中断すると良いです。 また、換気は金網式のストーブを使用するうえで大変重要なこととなってきます。換気をすることによって新鮮な空気を取り入れることができ、安全に使用することができます。不十分だと一酸化炭素の原因になります。一酸化炭素の毒性は高く、命を落とすこともあります。換気ひとつ行うだけで安心感のある生活を贈ることが出来ます。なので、換気は絶対にする必要があります。